津和野街道ブログ

津和野街道の魅力を紹介
津和野街道ブログ
29年5月13日に行われた津和野街道早駆け大会の様子です。写真は全部で800枚以上写していますがその中の一部です。

tsuwano0.JPG
廿日市市正覺院さまをほら貝の合図で午前5時にスタートです。

siomisaka1.JPG
廿日市から旧佐伯への坂道「汐見坂」を駆け上がるランナー。

tsuda1.JPG

佐伯商工会前を駆け抜ける女性ランナーです(標高300m)。

namamiti1.JPG
中道のランナー、まだまだ元気いっぱいの様子です(標高650m)

tsuwano3.JPG
(標高960m)生山峠を越えて、岩国市錦町「島の谷集落」を駆け下りるランナー。

tsuwano4.JPG
杉ヶ峠の迂回林道を駆け上るランナー(標高600m)。

tsuwano5.JPG
まだまだお元気、青野山の麓を駆け抜けます。

tsuwano6.JPG
国道9号線の少し手前、ゴールまでもう少しです。

tsuwano7.JPG
トップは廿日市市からグループ参加の方たちです。

tsuwano8.JPG
個人トップは大阪から参加の方、全行程97kmを一人で8時間19分凄いかたですねー。
写真撮影・dragon

400hayagake29552.JPG
昨日29年5月8日、津和野街道早駆け大会最後の実行委員会が開催されました。
工事のため一部ルート変更もありまいたが、全体的には良い方向に進んでいます。
あとは当日の天気具合を祈るだけです。
400hayagake2950.JPG
廿日市市「正覺院」さんを5:00スタート、羅漢山(標高960mの位置)を越えて大原〜宇佐郷へ、須川経由で星坂へ、水源公園、六日市〜七日市のポケットパーク、柿木村〜福川、その後トンネルではなく青野山迂回する道路を走り、津和野町の「なごみの里」がゴールです。
速い人は午後1時には到着予定とか、最後の方が多分19:00ころでしょうか?途中応援宜しくお願いいたします。
dragon
hanamomo8338.JPG
一昨年でしたか、ボランティアガイドの会が、小学生と地元の人達と一緒に植樹した花桃の花が咲きました。
まだ小さいので綺麗になるには数年かかると思いますが、赤、ピンク、白の花が咲き乱れる春が待ち遠しいものです。
場所は中道のカゴ立場の周囲です。
dragon
kasen294.JPG
5月13日(土曜日)、廿日市市より津和野までの旧津和野街道に沿って「津和野早駆け(トレイルラン)」が開催されます。
距離は約95km、出発は廿日市市正覚院さんを5:00分の予定です。
写真はコース最高部生山峠(標高960m)を少し大原方面へ降りたところです。
dragon
kasanari29131.JPG
2017年1月31日日の重なり岩です。落ちそうで落ちない岩は、この時期のパワースポットですから、今日もお参りに来られる方がいらっしゃいました。
dragon
saeki28715.JPG
今日の旅人は、
「廿日市市佐伯高校一年生の皆さん」です。標高約700mの松ヶ峠を越えて、約6.5kmの道を、最後まで元気に怪我も事故も無く踏破されました。
生徒さんは礼儀正しく、案内する私たちも元気をいただき大変心地よい一日でした。
有難うございました。
dragon
tsuwanomichi286.JPG
羅漢道を上ると山口県と広島県の県境がありますが、その少し上に綺麗なナラの林があり、毎年新緑の季節には楽しませてくれます。(撮影5月30日)
dragon
tabinouta28.jpg
津和野街道と津和野をテーマに石州和紙に描いた日本画、「平 昭治」さんの日本画展が、津和野町のギャラリー「はぜくら」で開催されます。
期間・・・2016年5月1日〜5日まで。
時間・・・10:00〜17:00まで。 
場所・・・津和野町後田口197 ギャラリー「はぜくら」
入場料は無料です。


jigoku28321.JPG
ようやく春らしくなり春の花が咲き始めています。今日はキランソウ、別名ジゴクノカマノフタの写真を載せてみました。
植物の多い津和野街道、これから楽しい季節になります。
dragon
kasanari271214.JPG
「重なり岩」はナニコレ百景でも紹介された珍しい岩ですが、絶対に落ちないと言われる伝説から、今では受験や選挙など祈願の岩としてパワースポットとなっています。
場所は岩倉キャンプ場より少し吉和方面に走った右、目印はお掃除の案山子たちです。
また、
頼春水の書かれた遊石稿では「道の上にかぶさるように」と書かれています。 さらに「道の下には茶店があるが寄らずに行く」以前の街道はこのすぐ下あたりを通過していたと思えます。 茶店は現在道路がV字に分かれているあたりにあったのではと言われます。
dragon